仲間と
一緒に、
働こう。

スムーズな社内の連携。

01

それぞれの専門性を活かした
内部連携がスムーズで協業が楽です。看護師 Nさん

  • Q1ろく舎に興味を持ったきっかけは?

    祖父母の介護と看取りの経験をしたことがきっかけで、訪問看護に興味を持ちろく舎に入職しました。
    また、株式会社ではなく、社会福祉事業を行うことを目的としている「社会福祉法人」という事業形態にも惹かれました。
    入職前に施設見学の連絡をしたところ、快く見学を受け入れてもらえたことも安心感につながり、入職のきっかけになりました。

  • Q2働いていてうれしいこと、やりがいを感じることは?

    訪問を重ねることで、利用者様やご家族様に顔を覚えていただけた時はとても嬉しいです。
    また、病状が安定したら退院する病院とは違い、訪問看護はご自宅にお伺いし日常生活における看護ケアを行いますので、数カ月、数年という単位での関わりとなります。
    時間をかけて信頼関係を築き、利用者様が安心して在宅での療養や生活が送れるようなサポートができたと感じられた時にやりがいを感じます。

  • Q3職場の雰囲気や人間関係はいかがですか?

    訪問看護ステーションには看護師の他に理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が在籍していて、協働することで利用者様の生活を支援しています。
    定期的なカンファレンスを行っている他、利用者様の状態変化に合わせて話し合いを行い、それぞれの専門性を活かすことで、より良いケアや生活へのサポートができていると感じています。
    訪問業務が主となりますのでスタッフ同士が事務所で顔を合わせる時間は少ないですが、電話での相談や連絡の他に、グループウェアを使用して報告や連絡を取り合うことで、密な連携ができていると感じています。

  • Q4ろく舎で働き始めて変わったことは?

    ろく舎に入職する前は病院やクリニックに勤務していたので患者様の病状が回復するまでの関わりでしたが、訪問看護は数年単位での関わりになりますので、長期的な目標や予後を踏まえて支援を行うようになりました。

  • Q5働く中で今まで一番大変だったことは?

    ろく舎の訪問看護は在宅でのお看取りを行うこともありますが、慣れないうちは大変でした。
    お看取りが近づいている方のケアは状態が刻一刻と変化するため、細やかな状態観察と症状に合わせた看護ケアが必要になります。
    住み慣れたご自宅で最後を迎えたいと望まれる利用者様に寄り添い、介護職員ときめ細やかな情報共有を心掛けて少しでも痛みや苦しさを伴わないようなケアを目指し、日々研鑽を積んでいます。

  • Q6この職場で働いて得られるものは?

    私は訪問看護ステーションに所属していますが、ろく舎には有料老人ホームや障がい者グループホーム、通所施設など在宅支援に必要な事業所が多数ありますので、各事業所の役割や連携を知ることができ、「ろく舎型地域包括システム」を学ぶことができます。
    その中で、医療職同士の連携はもちろん、日々利用者様のサポートをしている介護職員さんやケアマネージャーさんなどとの連携の大切さを日々感じています。
    特に利用者様の在宅生活を最も近くで支援している介護職員の皆様とのより良い関係性と協力体制は訪問看護にとってなくてはならないものだと感じています。

  • Q7今後の目標や、将来の夢は?

    入院している高齢者の方でお一人暮らしに戻られることに不安を感じ退院先を探されている方や、もっと自由な生活を実現させたいと望まれている障害を持っている方は地域に多くいらっしゃいますので、誰もが安心して自分らしい生活が叶えられる社会作りを目指したいです。
    目標のために、一日一日、一軒一軒の訪問の時間を大切にして支援を行っていきたいと思っています。

  • Q8休日の過ごし方や趣味は?

    体を動かすのが好きなので、ランニングをしたり友人とテニスをしたりしてリフレッシュしています。
    また、岩盤浴や温泉も好きなので、ゆっくりとリラックスして体と心を癒す時間も作るようにしています。

  • Q9このサイトをご覧の方へメッセージをお願いします

    ろく舎の訪問看護は医療職同士の連携だけでなく、様々な職種の方と協力することで利用者様の生活を支援しています。
    それぞれの職種の役割を理解し合い仲良く円満に連携することで、包括的な在宅支援を実践することができます。
    利用者様やご家族様が笑顔で生活できるよう支援したいという思いのある方は、楽しくやりがいをもってお仕事ができると思います。

動機は思いやる気持ち。

02

働く職員を思いやる気持ちの強さを実感して
出向元法人から転籍しました。法人本部事務局 事務局長 Tさん

  • Q1ろく舎に興味を持ったきっかけは?

    以前はケアマネージャー業務を役割として関連法人から出向で勤務しておりました。
    その中で、ろく舎の理念・福祉に対する課題分析や明確なビジョン・将来の展望・働く職員を思いやる気持ちの強さなどを実感することができ、「自分もこの組織の一員として働きたい!」と強く思い転籍させていただきました。

  • Q2働いていてうれしいこと、やりがいを感じることは?

    現在、法人本部事務局に所属しており直接ご利用者様と関わる機会は少ないですが、20年以上介護の現場に携わってきたこともあり、物件を訪問した際にご利用者様と笑顔で挨拶を交わし元気なお姿を見るとうれしく思います。

  • Q3職場の雰囲気や人間関係はいかがですか?

    組織として縦にも横にも、とにかくコミュニケーションの多い職場だと思います。
    法人の運営方針は【福祉は「人」なり。「人」を使うのではなく、誉めて見出し、教えて身に付くその「業」を生かすことで人材を人財に。厳しさの中にも「情」を尊び、人の心をつないで生まれるチームワークを育み、事業発展の大きな力に】というものなのですが、この運営方針のとおり全職員のチームワークが良好で法人の支えになっていると思います。

  • Q4ろく舎で働き始めて変わったことは?

    介護の仕事を始めた時から「相手の立場」に立って物を考えるように教育を受けてきましたが、少しずつ歳を重ねたこともあってか、その気持ちがよく理解でき、少しは配慮のできる人間になってきたのではないかと思います。
    また、自宅が江別市で通勤に少し時間がかかるので早寝早起きが習慣となり、少し健康になったように思います。

  • Q5働く中で今まで一番大変だったことは?

    社会福祉法人の認可申請の業務を担当させていただきましたが、介護保険法・障がい者総合支援法に加えて、社会福祉法や建築基準法など、色々な法律を深く理解するのがとても大変でした。しかし、この申請業務を通して、広い視野を持って法令遵守の重要性を職員に伝えられるようになり、大変貴重な経験となりました。

  • Q6この職場で働いて得られるものは?

    毎日経験している仕事がすべてプラスの経験となっています。
    私たちの仕事はご利用者様・ご家族様であったり、職員であったりと、すべて人との関わりで成り立っていますので、人との出会いや関わりが良い経験として得られていると思います。

  • Q7今後の目標や、将来の夢は?

    定年を迎えるまでろく舎で働きたいと思っています。
    社会福祉法人としての責務を果たしながら未来永劫輝き続けられる法人となるよう、支えていくことが目標です。

  • Q8休日の過ごし方や趣味は?

    15年程地元の消防団に所属し月1回は訓練をしています。消防車の運転・放水の訓練などを行っています。
    また、学生時代にはギターやベースを弾きバンド活動をしていました。
    今は何もしていませんが、小学生の息子がドラムを始めたので近い将来一緒に演奏したいと思っています。

  • Q9このサイトをご覧の方へメッセージをお願いします

    社会福祉法人ろく舎では「ろく舎型地域包括ケア」の実践に取り組んでいます。
    この運営スキームは時代を先取りしており、福祉分野ではパイオニア的な存在であると自負しております。
    介護職だけではなく、看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士なども配置し、医療専門職と連携しながらご利用者様の健康と生活を守っています。
    ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひ一緒に働きましょう!

活気のある職場。

03

得意不得意をお互いにカバーすることで、
自然に明るく活気のある職場になっています。夢灯館南郷13 施設長 Iさん

  • Q1ろく舎に興味を持ったきっかけは?

    十年以上前になると思いますが、前職で宅配給食の営業をしていた時に縁があり、ろく舎の数軒の物件に食事提供をしていました。その時に天野理事長より、高齢者住宅の必要性、介護サービス等について色々とお話を伺うことがあり、それがきっかけで入職させて頂きました。現在、高齢者住宅、障がい者住宅、通所等含め24の事業所ですが、当時は10に満たない事業所数でした。

  • Q2働いていてうれしいこと、やりがいを感じることは?

    利用者様より、「楽しかったよ」「美味しかったよ」とお礼を言われることが一番うれしいですね。
    また、新しく入居され方より、「職員のみなさまより笑顔で声をかけて頂いて、不安もなくなりました」とお話が有り、そんな時にやりがいを感じます。

  • Q3職場の雰囲気や人間関係はいかがですか?

    常に笑顔で明るく接する事を指導していますので、職場の雰囲気も自然と明るく活気に満ちています。
    人間関係についても出来る事、出来ない事、得意不得意の部分をお互いにカバーしています。また、何か悩み事や相談事があれば、都度話せるような雰囲気作りや声掛けを心がけています。

  • Q4ろく舎で働き始めて変わったことは?

    仕事以外で高齢者、障がい者を見かけた時などについ、歩行状態などを観察してしまう事があります。
    また、自分自身の将来の姿を思い浮かべる事があり、適度な運動と筋トレを心がけています。

  • Q5働く中で今まで一番大変だったことは?

    コミュニケーションがうまく取れなく、何事にも拒否や暴言がある利用者様がいて、話を聞いてもらうまでが大変でしたが、身寄りのいない方で最後は思い切り寄り添い居室で看取りをさせて頂きました。

  • Q6この職場で働いて得られるものは?

    人とのコミュニケーションの大切さと難しさ、会話の大切さなどいろいろ勉強に成ります。

  • Q7今後の目標や、将来の夢は?

    現在は、定年5年延長の嘱託として勤務していますが、健康管理に気を付けて最後まで頑張りたいと思っています。

  • Q8休日の過ごし方や趣味は?

    午前はウォーキング、筋トレ等で体を鍛えたりしています。
    午後は趣味のオーディオでアナログレコード鑑賞やオーディオ機器のジャンク品の修理等
    を楽しんでいます。

  • Q9このサイトをご覧の方へメッセージをお願いします

    ろく舎に入職するまでは介護について全くの素人で、聞くもの見るものすべてが初めてで一からのスタートでした。
    当初は高齢者住宅の営業で、病院や居宅、相談室など訪問させて頂きましたが、その時に色々勉強させて頂き資格を取得する事が出来ました。
    今後、右肩上がりで高齢者人口が増えて行き、介護職員の必要性は増々重要に成ります。
    これから介護職を目指す方、福祉について志のある方(特に若い方)は是非、社会福祉法人 ろく舎へご相談頂くようお願い申し上げます。

日々楽しく働く。

04

良い方々に恵まれて、
日々楽しく働いています。楽しい風さっぽろ ケアサポーター Mさん

  • Q1ろく舎に興味を持ったきっかけは?

    海陽亭という料亭で仲居頭をしていましたが、海陽亭を閉める事になり、その跡にろく舎が入る事になって初めて知りました。
    ろく舎以外にも2カ所の職場のお誘いがありましたが、お年寄りが好きで人の役に立つ仕事をしたかったのでろく舎に決めました。

  • Q2働いていてうれしいこと、やりがいを感じることは?

    食事の時の関わりですが利用者様より「美味しかったですよ」「優しいね」「好きだよ」など言葉を掛けていただく事が嬉しく、やりがいを感じます。

  • Q3職場の雰囲気や人間関係はいかがですか?

    良い方に恵まれて、助けられながら働いております。
    物件名の通り、楽しく働いております。

  • Q4ろく舎で働き始めて変わったことは?

    彩りを考えての盛り付けや「温かい物は温かくお出しする」をモットーにしております。

  • Q5働く中で今まで一番大変だったことは?

    食材の検品が少し大変です。

  • Q6この職場で働いて得られるものは?

    利用者様より元気をいただいております。

  • Q7今後の目標や、将来の夢は?

    孫の成長が楽しみです。

  • Q8休日の過ごし方や趣味は?

    手芸やフラダンスを楽しんでいます。

  • Q9このサイトをご覧の方へメッセージをお願いします

    とても働きやすく、スタッフ一同素晴らしい方ばかりですので、もし職場をお探しであればぜひ一度ご相談にいらして下さい。

何でも相談できる。

05

何でも相談できるので
働くことへの価値観が変わりました。楽しい風さっぽろ 介護リーダー Yさん

  • Q1ろく舎に興味を持ったきっかけは?

    以前の職場の上司がろく舎に転職したのですが、その方からとても良い職場だとお聞きしていました。
    たまたま「楽しい風」が家の近くにありましたので、応募してみたのがきっかけです。

  • Q2働いていてうれしいこと、やりがいを感じることは?

    利用者さんとの何気ないやり取りや、「ありがとう」「いつも元気だね」と言ってもらえるのがとてもうれしいです。

  • Q3職場の雰囲気や人間関係はいかがですか?

    とても良いです!
    何でも相談できる雰囲気があって、働きやすい職場です。

  • Q4ろく舎で働き始めて変わったことは?

    たくさん働いた後、思い切り遊び、とても充実できています。
    そのため、働くことへの価値観自体が変わったと実感しています。

  • Q5働く中で今まで一番大変だったことは?

    今はそんなことはないのですが、慣れない時期はちょうど子育てと重なってしまいましたので、仕事でも家のことでも時間のやりくりが大変でした。

  • Q6この職場で働いて得られるものは?

    とてもチームワークが良い職場ですので、「仲間意識・連帯感・達成感・責任感」といったところだと思います。

  • Q7今後の目標や、将来の夢は?

    仕事面では、介護福祉士の資格取得を目指しています。
    プライベートでは、キャンピングカーを購入して全国を周って、山で生活したいです(笑)

  • Q8休日の過ごし方や趣味は?

    年に3~4回は家族旅行に出かけています。
    普段の休日はたまったビデオを見るなど、ゆっくりとリラックスして過ごすことが多いです。

  • Q9このサイトをご覧の方へメッセージをお願いします

    何でも相談できて、職員をとても大切にしてくれる職場です。
    年代が違う仲間もできますので、お気軽にご連絡ください。

機能している
チームワーク。

06

細かいことでも助け合いの精神があって
チームワークが機能しています。アルカディア サービス提供責任者 Kさん

  • Q1ろく舎に興味を持ったきっかけは?

    最初は2級ヘルパーの資格取得の為、実習でお世話になったのがきっかけで、そのまま働かないかと声をかけて頂いて今に至ります。

  • Q2働いていてうれしいこと、やりがいを感じることは?

    利用者様から困っている事などを相談され、提案や支援を行い喜ばれて感謝をされると、やりがいを感じます。

  • Q3職場の雰囲気や人間関係はいかがですか?

    職場は明るく、細かい事でも助け合いの精神があって、良いチームワークが築けていると思います。

  • Q4ろく舎で働き始めて変わったことは?

    最近はICT化で業務改善に繋がり、職員全員で情報共有がしやすくなり、リアルタイムに状況把握が出来るようになりました。

  • Q5働く中で今まで一番大変だったことは?

    日々大変ですが、難題にぶつかった時にすぐに解決が出来なかった事です。
    しかし、皆で考えていろいろ試して解決できた時は、嬉しかったです。

  • Q6この職場で働いて得られるものは?

    自分の両親や、自分の老後をどう過ごすかを考える事ができることが大きいと思います。

  • Q7今後の目標や、将来の夢は?

    まだまだ知識不足な部分もありますので、まずは向上に努め、職員から頼りにされる存在でありたいと日々研鑽を重ねています。

  • Q8休日の過ごし方や趣味は?

    趣味と言って良いのかわかりませんが、猫好きなので飼い猫以外に保護猫の預かりボランティアを行って、新しい家族に繋げられるよう人馴れさせる事をやっています。

  • Q9このサイトをご覧の方へメッセージをお願いします

    大変な事もありますが、楽しい嬉しい事も多々あります。自分で考えて提案できる場でもあると思います。
    興味があれば、ぜひ仲間になって活躍して欲しいです。